愛されBeauty-20

高校生にオススメの美白になる化粧品ランキング

   

美白になる化粧品を選ぶポイント

シミを予防する成分が入っている

シミはセルフケアがとても難しい肌トラブルなので、出来る前に予防する事が大切になってきます。シミを予防する為には、化粧水や美容液、クリームを活用するのがおすすめですが、配合されている美白成分を確認することも選ぶポイントになってきます。

何故なら、美白成分は種類によって予防効果が高いものと、シミを薄くする効果に優れているものに分けることが出来るからです。

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

は、シミ予防効果が高い成分です。アルブチンにはシミの原因となるチロシナーゼの働きを抑える効果が期待できます。一方のトラネキサム酸は、メラノサイトという肌細胞の活性化を抑える事が出来るので、シミが増えるのを少なくする効果を期待できます。

シミのケアにビタミンCが効果的な事は有名ですが、肌への浸透率が低いという欠点があります。これを改善し、美容効果を高めたものがビタミンC誘導体になります。

スキンケアに取り入れやすい

更にビタミンC誘導体には水溶性と油溶性、どちらにも相性が良いという特徴があります。これにより、水分が多い化粧水や美容液だけではなく、油分の多いクリームにも配合する事が可能なので、スキンケアに取り入れやすいのがポイントです。

シミを薄くする成分が入っている

化粧水や美容液、クリームを使って、既に出来てしまったシミを薄くしたい人は、ハイドロキノン配合のアイテムを選ぶ様にしてみましょう。ハイドロキノンには、肌に沈着してしまったメラニン色素を薄くするという働きがあります。

ハイドロキノンは美白作用が非常に強く、肌の漂白剤とも呼ばれています。クリームには1%から5%までの濃度がありますが、濃度が高くなるにつれて肌を刺激する事もあるので、注意して使っていく事が重要です。

低刺激で安心して使えます

ただ、化粧品に使われている濃度は大体1~2%のものなので、肌への刺激が抑えられているので安心して使えるものが多いと言えます。

肌にやさしいものを選ぶ

敏感肌の人は特に注意してほしいのが出来るだけやさしい成分が配合されているものを選ぶ事です。刺激のある成分が配合されていると、お肌がヒリヒリしたり、肌荒れを起こす原因になります。

  1. パラベンフリー
  2. 鉱物油フリー
  3. 着色料フリー
  4. シリコンフリー

であれば、お肌にやさしく作られていますので、購入前にチェックしておくと良いですね。また高校生のうちから肌に優しいクレンジングを使っておくのも大切です。

高校生が買える金額のものを選ぶ

また、市販のプチプラ美白化粧品よりも若干値段は高いかも知れませんが、2000円以下でお試し可能なトライアルセットがあるので、本気で美白になりたい高校生はまずトライアルセットで自分の肌に合うかどうかを判断してみた方が良いと思います。

 - スキンケア